自由に楽しく生きる日記♩

二人目育休中→復職後の日記です。自分を見つめて、より自分らしく楽しく生きたいと思っています♪

復職してからのその後〜仕事編〜

こんにちは!

 

随分と久しぶりになってしまいましたが、自分の状況と気持ちに向き合い、整理したく投稿します。

 

GW明けから、復職しましたー。

この1ヶ月強の期間は本当に怒涛でした。。

サラリーマン生活の中でも上位3位には入る怒涛の時期です。

 

つらつら書きます。

仕事編、育児・家族編、自分のこと編の3本仕立てで参ります〜。

 

まずは仕事のこと。

 

◆仕事

・復職前の面談では、営業職3割だと聞いていたが、社内の諸々の事情により、100%営業となった。

 

 

 

・会社携帯の支給が遅れて、2週間程個人携帯での代替を余儀なくされた。。

→上司の方が人事に掛け合って、通信費は会社が払うようにしてくれた。最初は人事はそんな配慮なかった。、

(文字にすると、やっぱりあり得ない状況ですね。。)

 

 

 

・5月中は勃発していた、諸々のトラブルやトラブルの種に対して、おしりふき(俗に言う尻拭いともいいます)に対応していて、本来の引き継ぎがまともにできなかった。

 

 

・1年ぶりの復職、4年ぶりの営業職で、社内の諸々が変わっていたり、知らないことも多く、周りの方にたくさん助けて頂きながら、何とか乗り越えた日々でした。感謝感謝でした。

 

 

・中途入社した方のブラザーを担当

勉強にはなるが、中々に工数がかかります。

(→予実管理も担当だったが、キャパオーバー過ぎて、他の方と分担)

 

 

 

・期初のため、1年間のMBO(目標設定)面談・作成があり、トコトン自分と未来の自分に向き合った。

(もちろん業務時間中は取り組む時間がないので、土日にカタカタと宿題として対応した。でも土日も時間取れないので明け方に対応したり。。)

 

→これが達成できたら、今とは全然違う景色が見えそうで楽しみです。

でも本当に作るまでが大変でしたー。

生みの苦しみですね。そして、達成することが目的なので、正にこれからです。

 

 

 

・ブラザーの方のMBO面談にも参加させてもらった。(合計すると5時間くらい?)

→時間はかかったけれど、上司の管理職としての振る舞いや想い、メンバーに目標設定面談をする時の参考になった。

→ブラザーの方の目指すべき方向が見えた。

 

 

 

・マネージャーを目指す人のための研修に参加しており、その宿題でこれまた土日や明け方にカタカタと宿題を行なっていました。

 

→大変だけど、視座は高まったかな?3C分析や、SWOT法、PEST分析などの使い方も復習できた。

あとはチームワークなので楽しい。

 

 

 

とりあえず、

「来年の4月にはマネージャーへの昇格を目指すと決めたから、ここは踏ん張り時なのか」とか、

「いやでもどう考えてもキャパオーバーだよね」とか

上司は「家庭優先だから、遠慮なく頼ってね」と言ってくれたけど、

「実務は頼りにくいよなあ」とか、

「周りの皆さんはもう十分に助けているし、みんなかなりパツパツだし」とか、

「5月を何とか乗り切れば、足元は整うのでは?」とか

そうは言っても「遠慮なく頼りにくい、弱音は吐きにくい」雰囲気だったのか、私がそう感じていただけなのか。、

 

 

とにかく目の前の事象に対応することで精一杯の毎日でした。

 

 

 

たしかにマネージャーを目指すとは伝えたけど、9時〜16時勤務を希望していて、立ち上がり時期はもう少しゆっくりと立ち上がりたかったなぁ。子供も小さいし。

 

なんてことを、ずっとぐるぐる考えたり、誰かに聞いてもらったりしていた。結構色んな人がわたしのこの混乱状態を聞いてくれて、救われた。ありがたかった。

 

みんなが、「無理しないで、上司に相談したら」と言ってくれたが、

 

 

【どういう風に相談したらいいか分からない】という、

 

 

今考えると、なんとも真面目なのかアホなのか分からない理由で相談するまで時間がかかった。

 

(解を持って相談しなければならないと思っていた。解を持たないから相談する、ってこともあるのに。おいおい、まじめかっ!!)

 

改めて書き出すと、もっと上司に弱音を吐いてもよかったのかな、でもなんか吐けなかった、、、

 

とりあえず、よくがんばったな、自分、と認めてあげることで、少し気持ちがすっきりした。

 

わたしはやはり、頼ったり、調整すべきところに弱みを言うのが下手なのかな?

(でももう十分に皆さん、たくさんたくさん助けてくれたし、今回はかなり頼った。もううちのチームには頼るキャパがないように見えた)

 

→あ、他チームにも頼ればよかったのかな??

 

この辺りのスタンスや立ち振る舞い方は、また改めて考えたいと思う。

 

他に嬉しかったことは、直近で一緒に働いていた仲間が(今は別チームだけど

 

「おかえりなさい、待ってたよ〜!」と言ってくれたこと。本当に嬉しかった。

 

 

 

結局、仕事は好きなんだなあ、きっと。

しかし、「無理しすぎずに」といつも思っているし、周りにも言われるのだけど、どうにもならないのかな。

 

責任感からなのか?できない自分を認められないのか?

 

子供がいない時はそれでも何とかなったけど、

子供が二人いる今は、そのスタンスだと、家族に皺寄せが来てしまうから、ここも要検討事項。。

 

とにかく健康第一!で。

 

愚痴だか、なんだかよく分からない内容になりましたが、お読み頂きありがとうございました。

 

次回は育児・家庭  編です。